KS-Wood|事業内容|大起建設株式会社

事業内容

トップページ > 事業内容 > KS-Wood

KS-Wood

スケルトンインフィル戸建賃貸とは

インフィル(内装・設備)

インフィル(内装・設備)に可変性を持たせておくことで、建築当初の間取りにかかわることなく、入居者ニーズの変化に合わせた間取り変更が可能となります。
今後どのようなニーズにも対応し、入居者に選ばれる賃貸住宅として高い入居率の競争力を持つことがオーナー様の収益を最大化させます。

スケルトン(躯体)

スケルトン(躯体)に耐久性・耐震性を持たせることで次世代まで資産を引き継ぐことができます。
「継続して収益物件活用」または「中古物件として売却」等そのときの事情によって広い選択肢を持たせることで、将来に渡る資産継承時におけるリスクを軽減出来ます。

自由な大空間を可能とすることで
間取りの変更が容易にできる可変性を持たせ、
長期に渡り、競争力のある差別化された商品です。

デザイン

プロヴァンス

いつまでも感動を与え続ける外観美

ジャパニーズモダン

時代に左右されないシンプルな外観美

シティモダン

都会生活にふさわしいスタイリッシュな外観美

ゾーニング 

狭小・変形地に強い戸建賃貸の優れた敷地対応力
狭小地プラン(30坪前後)

狭小地にも柔軟なプランで土地活用

これまで未活用であった狭小敷地でも自由度の高い北入り、南入りプラン設計でフレキシブルな敷地対応が可能です。また、初めての賃貸経営は誰もが不安となられますが、1棟ずつの少額投資から賃貸経営を始めることができ、比較的に金融機関からの融資借り入れも受けやすく、土地担保提供が少なくてすみます。

賃貸併用住宅プラン(ユニット)

1棟を住宅、1棟を賃貸併用の土地活用

1棟を賃貸にすることで家賃収入で自宅の長期ローン返済負担を軽減させる土地活用。または、将来の家族構成の変化、ライフスタイルの変化に対して、2棟賃貸で家賃収入を得ることも可能です。または熟年期には私的年金とすることで安定収入を得ることができます。
相続対策が必要なオーナー様にとっては、相続発生時に遺産分割、もしくは売却して相続税の納税資金に充てる等の選択肢が増えます。

雁行型プラン(変形地対応)

変形敷地を雁行配置で有効活用

これまで土地活用方法に苦心してきた住宅密集地に残るパズルの一片のような土地でも最大限に有効活用を可能とさせる雁行型配置プランです。ずれながら連なることで住宅の独立性を高めるとともに、通風や採光面でも優れています。美しい街並景観を創出することで、近隣の競合物件に大きな差をつけています。

T-Stage KS-WOOD

KS溝法の「設計・技術」は国土交通省より非常に高い評価を得ています。
平成21年度長期優良住宅先導的モデル事業において、KS溝法を用いた提案がモデル事業として採択されました!

強い戸建賃貸
頑丈であること。長持ちすること。住み継がれていく。戸建賃貸住宅のこれからの基本です。
国土交通省の基準をクリアした長期優良住宅「スケルトンインフィル T-Stage KS-WOOD」は、長く快適な住環境を提供するために、強い戸建賃貸を開発しました。
オーナー様に長期安定経営をお約束します。
可変生のある戸建賃貸
入居者のライフスタイルの変化に合わせることができる対応力が、長期安定経営を実現しました。長期安定経営を実現するための最大のポイントは、将来に渡るライフスタイルの変化に伴う入居者のニーズに対応できる建物(スケルトンインフィル)を建築時に選択することです。
次世代省エネ戸建賃貸
これからの戸建賃貸は、地球環境にやさしいものであることが条件となります。 地球環境保護は、私たちひとりひとりが取り組むべき深刻な問題です。
これからの住宅は、建築時のみならず建築後のCO2排出量を抑えることが長期優良住宅の基準です。
安全な戸建賃貸
安全な戸建賃貸として信頼の高い評価と品質を確保しています。良い品質のものを、より適正な価格で、より早くご提供出来ることを実現させたT-Stage KS-WOODの合理化システムをご紹介します。

戸建賃貸は持ち家感覚が魅力!

10年後、20年後のキャッシュフロー(CF)を考える
賃貸住宅経営は、長期事業です。初年度のCFだけではなく、10~20年後のCFまで含めた企画・運営が必要です。
(いかに将来の事業収益を最大化させることが出来るか、リスクを軽減し最小化させることが出来るか)
収益を最大化・リスクを最小化させた商品として
ストック型社会へ転換を図っている現在、これからの賃貸住宅はスケルトンインフィルが常識となります。
スケルトンインフィルがオーナー様の収益の最大化、リスクの最小化を実現します。
いつの時代も、ずっと選ばれる戸建賃貸
インフィル(内装・設備)に可変性を持たせておくことで、建築当初の間取りに拘ることなく、入居者ニーズの変化に合わせた間取り変更が可能となります。
今後どのようなニーズにも対応し、入居者に選ばれる賃貸住宅として高い入居率の競争力を持つことがオーナー様の収益を最大化させます。
世代を超えて住み継ぐ、長持ちする戸建賃貸
スケルトン(躯体)に耐久性・耐震性を持たせることで次世代まで資産を引継ぐことが出来ます。継続して「収益物件活用」または「中古物件として売却」のその時の事情によって広い選択肢を持たせることで、将来に渡る資産承継時におけるリスクを軽減出来ます。